看板の素材とその効果

ARTICLE LIST

2017年07月24日
企業に合わせたイメージのカラー適用を更新しました。
2017年07月24日
看板はカラーをメインにイメージチェンジを更新しました。
2017年07月24日
事故対策のためのメンテナンスも必要を更新しました。
2017年07月24日
看板の素材とその効果を更新しました。

CALENDAR

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

CHOICES

看板の素材とその効果

看板の素材 看板の種類はさまざまです。大きさや素材や加工方法など種類がいくつもあります。街に出て車で看板に…

MORE

事故対策のためのメンテナンスも必要

看板はときどき新しくして目立つように 街中を歩いているとたくさんのショップがあり、それに伴い看板があります…

MORE

企業に合わせたイメージのカラー適用

看板を注文してみましょう 看板で集客率を上げるためにはどのような看板が良いのでしょうか。一口に看板と言って…

MORE

看板はカラーをメインにイメージチェンジ

看板でイメージチェンジ 会社名が分からなくなってしまったくらい看板が老朽したら、リフォームを検討しましょう…

MORE

看板の素材

看板の種類はさまざまです。大きさや素材や加工方法など種類がいくつもあります。街に出て車で看板に注意して走ってみればよくわかります。よく目にするのはアルミ複合版だと思います。簡単に言うと硬めの金属板のような物です。アルミ複合版の場合は枠を付けて地面に突き立てたり、店の外壁に直接固定したりします。雨風に対しても耐久力も高く、値段も比較的に安い部類に入ります。
小さな飲食店などでよく使われる素材でターポリン生地のものがあります。ターポリン生地はイメージ的にはトラックの荷台で荷物が雨で濡れたり、荷台から落下しないように覆っている緑色の集めの布のようなものです。ターポリン生地は軽くて丈夫です。またどこかに縛り付けるだけで良いので設置も手軽です。
ただ、安くて手軽で重宝するのですが雨風にはそこまで強くありません。雨や陽に当たると色がくすんできます。強風に煽られると結んでいる部分に負担がかかって破れることもあります。しかし、安価なので定期的に買い換えることでお店の印象を変えることができます。この2つ以外にも木や電光掲示板であったり、のぼりやA型スタンドも立派な看板です。必要用途に合わせて適切な看板を使いましょう。

看板の効果

看板と一口に言っても、その見せ方には何通りかあるようです。お店の軒先につけられた昔ながらの物や店舗の場所を知らせる広告の役目をする物もあります。それらに名前だけでなく商品の価格やお店の営業時間が書かれていれば、見る人により詳しい情報を伝える事ができます。そんな大切な役割を担う看板は、数多くの人に見て貰う事で効果が発揮できます。それは色やデザインなどでインパクトの強い物ほど人の目に止まるのではないでしょうか。
また、看板をつける場所も重要です。人通りが多く、必ず目に止まる場所が有効だと思います。例えば、待ち合わせで良く使われる所などはどうでしょう。知らず知らずのうちに人々の記憶に残るかもしれません。また、定位置に設置された物だけでなく会社やお店の社用車のボディー部分にペイントされている物も良く目にします。
これはとても効率的な方法だと思います。最近ではネットでお店の情報を簡単に調べる事ができますね。そんな時に一度目にした名前であれば、きっと興味が湧くと思います。テレビのCMと似た効果があるのではないでしょうか。買い物に出かけて、何気なく商品を選ぶ時も、自分の記憶の中にインプットされている物を無意識に買ってしまう事が多くあります。印象深い看板で消費者の脳内に入り込む事が、企業の売り上げを左右する要因の一つかもしれませんね。

Copyright(C)2017 街中に溢れる看板のカラーデザインの重要性 All Rights Reserved.