看板はカラーをメインにイメージチェンジ

ARTICLE LIST

2017年07月24日
企業に合わせたイメージのカラー適用を更新しました。
2017年07月24日
看板はカラーをメインにイメージチェンジを更新しました。
2017年07月24日
事故対策のためのメンテナンスも必要を更新しました。
2017年07月24日
看板の素材とその効果を更新しました。

CALENDAR

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

CHOICES

看板はカラーをメインにイメージチェンジ

看板でイメージチェンジ 会社名が分からなくなってしまったくらい看板が老朽したら、リフォームを検討しましょう…

MORE

事故対策のためのメンテナンスも必要

看板はときどき新しくして目立つように 街中を歩いているとたくさんのショップがあり、それに伴い看板があります…

MORE

看板の素材とその効果

看板の素材 看板の種類はさまざまです。大きさや素材や加工方法など種類がいくつもあります。街に出て車で看板に…

MORE

企業に合わせたイメージのカラー適用

看板を注文してみましょう 看板で集客率を上げるためにはどのような看板が良いのでしょうか。一口に看板と言って…

MORE

看板でイメージチェンジ

会社名が分からなくなってしまったくらい看板が老朽したら、リフォームを検討しましょう。まったく同じカラー、デザインでは、新しくリフォームしたことを気づいてもらえません。ガラリと看板で雰囲気を変えて、フレッシュな気持ちで会社を一新させましょう。カラーが会社のイメージにかけ離れたものだと「なんでこの色にしたの」と疑問に思われてしまいます。
ひと目見ただけで何をしてる会社なのか分かるように、飲食店、建設業者、アパレルなどそれぞれに合ったカラーを選ぶと良いでしょう。また、文字もやわらかい感じや、クールでハードなタイプなど、さまざまなデザインの看板があります。どんな雰囲気に仕上げたいのかよく考えてセレクトしましょう。また、業者は親身になって相談に応じてくれるところを選びましょう。
「ぜったいにこのほうが良い」というふうに一方的に業者の考えやセンスを押し付けるところは、避けるべきです。依頼する人が希望しているデザインを具現化できる業者を選択しましょう。また、完成したらそれでおしまい、そんなところは優良とは言えません。なにかあったときにすぐにかけつけてくれるか、完成したあとにアフターサービスがあるかもチェックしておくべきです。

看板の色についての効果とは

看板には色がありますよね。その色を何色にするかも大事なのです。たとえば、飲食店が用いない色としては、青色が該当しますよね。これには理由があって、食欲がわかないからです。看板に青色を採用してしまえば、売上に悪影響を及ぼしてしまいがちです。青色は寒色系に該当しますが、これに反するものとしては、赤などの暖色系が存在します。
赤色のほか、黄色も該当する暖色系のものであれば、食欲増進効果があるとされており、料理そのものにしても、この暖色系を採用している人は多いです。もちろん、看板も同様であって、暖色系の色を採用しているほうが、店に入ってくる傾向があるようです。当たり前のことですが、腹が減っているからこそ、飲食店に入店するのです。
もし、同じ条件の飲食店が、赤の看板と青の看板と出していたとすれば、明らかに赤のほうを選択するでしょう。ただし、青といっても、夏場に涼やかな感じを醸し出していたり、海を彷彿とさせているようなものは除外します。もっと分かりやすくいえば、同じ料理を、赤の皿と青の皿とで分けてみれば、その料理が同じものと知らない人が選んでみれば、当然赤のほうを選択するでしょう。看板の色についても、それなりの効果があるわけです。

Copyright(C)2017 街中に溢れる看板のカラーデザインの重要性 All Rights Reserved.