企業に合わせたイメージのカラー適用

ARTICLE LIST

2017年07月24日
企業に合わせたイメージのカラー適用を更新しました。
2017年07月24日
看板はカラーをメインにイメージチェンジを更新しました。
2017年07月24日
事故対策のためのメンテナンスも必要を更新しました。
2017年07月24日
看板の素材とその効果を更新しました。

CALENDAR

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

CHOICES

看板はカラーをメインにイメージチェンジ

看板でイメージチェンジ 会社名が分からなくなってしまったくらい看板が老朽したら、リフォームを検討しましょう…

MORE

事故対策のためのメンテナンスも必要

看板はときどき新しくして目立つように 街中を歩いているとたくさんのショップがあり、それに伴い看板があります…

MORE

看板の素材とその効果

看板の素材 看板の種類はさまざまです。大きさや素材や加工方法など種類がいくつもあります。街に出て車で看板に…

MORE

企業に合わせたイメージのカラー適用

看板を注文してみましょう 看板で集客率を上げるためにはどのような看板が良いのでしょうか。一口に看板と言って…

MORE

看板を注文してみましょう

看板で集客率を上げるためにはどのような看板が良いのでしょうか。一口に看板と言っても、例えばラーメン屋の場合、大胆な筆を使ったような字をお店の看板に取り入れていたり、また、エステや歯医者などであれば、綺麗な明朝体のような字を使っていたりしますよね。上記で言えば、例えば看板のカラーにも、ラーメン屋は赤や黒を基調として、エステや歯医者は白を基調としているようなイメージを受けたりをします。
そして私たちは無意識の間に、熱いものは赤い色、綺麗で清潔なものは白色、というような物への潜在的なカラーイメージを知らず知らずの間に、ふと街を眺めている時、ふとお店の看板を見ている時にだんだんと植え付けられていくのです。つまりは、私たち人間は看板のデザインによって、そのお店のイメージを人にイメージさせることが、お店に行かずとも可能だという事なのです。
看板で集客率を上げるためには、シンプルなデザインでなおかつ印象に残るような看板を目指さなければなりません。簡単なようで、それゆえいくつもアイデアが浮かんで、とても悩ましいですが、お店作りをする上で看板というものは決して侮ってはいけないものであり、そして、最高の宣伝材料になると言えるでしょう。

飲食店の看板

看板とはそのお店のシンボルになる重要な存在です。飲食店の看板は、ロゴだけでなく、メニューや値段が書いてある看板も店前に置かれています。特に喫茶店なんかがそうです。この看板ひとつで、お客さんの入り具合が変わってくると思います。「うちは料理の味に自信があるんだ」という場合は、その自信のある料理の写真を載せるべきだと思います。
「はっきり言って、他店と比べ料理の味が劣っている」という場合は、看板に人一倍工夫を施さなければなりません。文字だけでも必死にアピールしたり、子どもの関心を寄せるためにイラストを添えたり、方法はさまざまです。飲食店の看板は通行人を引き寄せれるかが大切です。それには値段もちゃんと書くことが必要だと思います。
安ければ通行人は「ここに決めた」とラフな感じで入店できるし、高いなら高いなりに、美味しそうな料理の写真とアピールを載せれば通行人は関心を抱きます。さらに「?産の」など詳細を書けば、通行人はより興味を抱きます。料理の美味しいお店は山ほどあるので、料理以外のことでも工夫をしなければ差がつきません。看板はそのアピールすることにおいてもってこいの存在です。また、アピール内容だけでなく、板、黒板、ボードなど看板の素材そのものを選ぶこともポイントとなります。

Copyright(C)2017 街中に溢れる看板のカラーデザインの重要性 All Rights Reserved.